化粧品の OEM・ODM・PBならおまかせください

エスコ株式会社|化粧品のOEM・ODM・PBの製造

 048-761-2078

お問合せ/10:00-17:30(休日/土日祝)

お電話/メールにてお気軽にお問合せください

乳化プロセスの探求から生まれた新発想処方! 〈LC(液晶)クレンズ〉 液晶構造に着目し、製剤へのオイルキャッチシステムにより、クレンジング中に乳化プロセスを再現し、 潤いを高め、スムーズに汚れを落とす新発想のクレンジング処方です。

 

LC(液晶)クレンズの特長と別処方の違い

一般的によくあるクレンジング処方「溶剤型」「界面活性剤型」と違い、液晶構造に着目し、製剤へのオイルキャッチシステムにより、クレンジング中に乳化プロセスを再現し、うるおいを高めてスムーズに汚れを落とす新発想のクレンジング処方です。

<画期的!LCクレンズの汚れ落ちメカニズム>

液晶構造に着目し、製剤へのオイルキャッチシステムにより、クレンジング中に乳化プロセスを再現し、うるおいを高めてスムーズに汚れを落とす新発想のクレンジング処方。

ミルフィーユ構造のLCクレンズの中に汚れを取り込み、洗い流しの水となじみながら乳化し、肌への刺激を最小限に抑えつつ、スピーディーに洗い上げます。

[ ノンオイルなのにメイク落ちGood ] [ 毛穴汚れもすっきり ]
[ 肌にマイルド ]   [ 洗い上がりさっぱりしっとり ]

 

<一般的な処方のクレンジング>

<溶剤型クレンジングイメージ>

“油と油はよく混ざる”性質を利用して油性成分で落とすタイプ。

  • メイク落ちは良いが高脱脂力で肌への負担が大きい。
  • 油脂で毛穴が詰まりやすい肌は、ニキビになりやすい。
  • 「ふき取るタイプ」は、肌に優しい印象だが、摩擦による肌への負担が生じる。

<界面活性剤型クレンジングイメージ>

疏水基をもつ界面活性剤の特性を活かして落とすタイプ。

  • 油性成分の配合量が少ないため、汚れが落ちにくい。
  • 界面活性剤の配合量が多く、肌への負担が大きい。

エビデンス

<LCクレンズのメイク落ち>

ノンオイルなのに、オイルクレンジング並の洗浄力を実現しました!

<塗布前>

<洗浄中>

<洗浄後>

 



※薬機法上、化粧品広告などに使用できない表現も含まれております。
※記載内容のすべての無断転載を禁じます。


 

お問合せ

お問合せ/10:00~17:30(休日:土・日・祝)
メールでのお問合せには2営業日以内にお返事いたします。

更新日:

Copyright© エスコ株式会社|化粧品のOEM・ODM・PBの製造 , 2021 All Rights Reserved.